機能

機能一覧

必要な機能だけに絞り込んでいるので、
使いやすい、わかりやすい。

学習する名刺管理システム

ネクスタ・メイシ最大の特徴は名刺の読み取り精度向上を目的としたAIによる機械学習機能。名刺を読み取り、誤りがあった場合にはそれを一度補正すれば、次回からは類似の名刺を誤りなく読み取ることができます。つまり、使えば使うだけ読み取り精度が向上していくのです。「学習する名刺管理システム」それがネクスタ・メイシです。

目的から機能を探す

  • 点在する情報を線に

    • メールを送る前に、部署名や役職は最新データをチェック
    • 訪問前に相手の経歴をチェックして商談を有効なものに
    • 社内でもつながりの深い者を通じてターゲットとなるキーマンにアプローチ
  • 接点情報をより明確に

    • 展示会、セミナー・イベントなどで取得した名刺をグループ化する
    • 顔と名前が一致しない。でも相手の特徴をメモしておけば大丈夫
    • 商談内容をメモして、社内で共有する
  • 営業のスピードアップに

    • アクセスマップ、ワンタッチダイヤルで日常の営業活動を効率よく
    • 展示会、セミナー・イベント後に、参加者へのお礼メールをスピーディに送信

点在する情報を線に

社内に埋もれている名刺。それらはお客さまとの貴重な接点情報です。

仮に、いかに有効な接点や人脈があったとしても、それらが共有されることがなければ、ただの「点」として存在するだけです。

クラウド上で名刺を共有すれば、それが「線」となり、企業にとってさらに意義ある「資産」へと変化します。ネクスタ・メイシを利用すれば、それまで点在していた情報と情報を効果的に結びつけ、組織的、戦略的な営業への一歩を踏み出すことができます。

自動名寄せ

氏名、メールアドレスが同じ場合、同一人物の名刺情報として自動的に統合されます。この仕組みを「名寄せ」と呼びます。
同じ人物と何度か名刺交換をしていると、相手の部署や役職が変わることがあります。 久しぶりのメール連絡で手元の名刺の部署や役職が最新かわからず、ヒヤヒヤしながらメールを送ったという経験はありませんか。
自動名寄せ機能搭載のネクスタ・メイシであれば、常に最新の名刺情報が表示されるため確認の手間もかかりません。

経歴、人脈共有

名刺のデータは日付とともに取り込まれるため、名刺交換日を繋ぐことにより交換相手の「経歴」として把握することができます。「経歴」はCSVデータとして出力することもできます。
また、同一人物と複数の社員が名刺交換している場合、各社員の名刺交換回数(取り込んだ枚数)が表示されるため、社内に眠る人脈はつながりの深さも含め可視化されます。これにより、ターゲットとなる企業のキーマンに対し、社内の誰を通じてアプローチすべきか判断することができます。

公開・非公開

名刺情報は「公開」「非公開」の選択をすることができます。
お客さまとの守秘義務により名刺自体を共有したくない場合は全体を「非公開」に。名刺自体は共有し、そこに紐付けるメモ書きやタグは共有しないという場合は、それのみを非公開にすることもできます。
また、ショルダーハッキングのような「覗き見行為」防止のために、自身の管理画面でも名刺情報の表示、非表示をコントロールすることができます。

接点情報をより明確に

名刺を交換した相手の特徴や交換までの経緯など、名刺に書き込まれたメモ書きは、交換した本人だけが知る情報です。クラウド上で名刺を管理すれば、こうした社員一人ひとりが抱える顧客との貴重な「接点情報」を全社で共有することができます。例えば、部下に同行し上司が初めて客先を訪問するようなケースでは、訪問先の担当者の名刺情報やメモ書きを事前にチェックしておくことにより商談をスムーズに進めることができます。

タグ付け

タグ機能を利用することにより登録した名刺を任意のグループにまとめ上げることができます。
タグは3段階まで階層化が可能で、簡易CRM(顧客管理システム)としてご利用いただけます。 例えば、名刺情報を①業界②新規(または既存客)③商談のステータスなどに分けてグループ化し、それぞれのタグを階層化(入れ子に)して管理することができます。
これにより「現在、どういった業界の新規(既存)客、何社に対しアプローチしていて、各社どの商談ステータスにあるか」などといったことを確認することができます。

メモ書き

A4レポート用紙8枚分(約15,000字相当)の入力が可能なメモ書き機能は、名刺交換相手の特徴などを記すような簡単なものから、打ち合わせや商談の内容を共有するための議事録的なものまで、様々な用途に活用することができます。
同じ名刺を取り込んでいれば、誰でも共同でメモの編集が可能。
メモ書きには最終更新者が表示されるため、後からメモ書きを追加した場合も内容確認が容易に行えます。
商談のステータスを示すタグと組み合わせ成功要因や失敗要因をメモとして残しておけばより細かい顧客分析が可能になります。

営業のスピードアップに

モバイル専用のアプリケーションが用意されているネクスタ・メイシであれば外出先でも安心です。移動時間を使って前回の商談内容を確認したり、面会後のフォローアップメールも隙間時間を利用して行えます。また、タグ付けと一斉送信メールのように機能を掛け合わせることにより、特定のターゲットに対する販促活動を効率よく行うことができます。

営業効率化

スマートフォン用アプリケーションを使用すれば、訪問前に企業のWebサイトや前回の商談メモをチェックすることができます。企業の所在地はGoogleマップ上で表示することが可能で、アクセス情報の取得に便利です。また、登録された相手にはメール連絡や電話連絡をワンタッチで行うことが可能なことから、商談後のフォローアップもスピーディに行うことができます。

一斉送信メール

タグ付け機能によりグループ化した名刺に対し、メールを一斉送信することが可能です。ネクスタ・メイシを利用すれば、セミナーや展示会終了後のフォローアップ作業は劇的に緩和します。また、顧客を属性や嗜好、潜在購買力などで分類しグループ化すればターゲットに応じて適切な販促活動を行うこともできます。業務の効率化のみならずマーケティングの強化にも有効です。