Column

「withコロナ」時代の新たな課題を解決!
オンライン名刺交換でできること

業務効率化

「withコロナ」時代の新たな課題を解決!</br>オンライン名刺交換でできること

この記事をシェア

facebook twitter line

以前、当コラムの「新型コロナウイルスで人々の働き方と意識はどう変化したのか?調査レポートをもとに分析。」では、新型コロナウイルス禍で人々の働き方や意識が大きく変化し、Web会議システムをはじめとする様々なITツールの活用が進んだと紹介しました。

緊急事態宣言下で導入されたテレワークにより、これまで利用する機会の少なかったマネジメント層や一般社員がITツールに触れ、その価値が広く浸透したとされています。

企業では業務の見直しも始まっています。
Web会議の普及により、これまで対面ですることが当然とされてきた会議や顧客との打ち合わせが非対面で行われるようになりました。

ツールの活用によりビジネスの可能性が広がる一方で、今までにはない課題も浮き彫りになっています。

今回はネクスタ・メイシの新機能であるオンライン名刺交換機能が新しい時代の働き方においてどう役立つのかをご紹介します。

ツールは便利であるが過渡期ならではの課題も多く存在している

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: woman-1-1108x739.gif
Web会議は便利な反面課題も多く抱えている

テレワーク環境下で採用されたITツールとして最も利用が進んだとされるWeb会議システム。

移動時間や交通費を削減できる上、感覚的にも対面とほぼ変わらない状態でコミュニケーションを図ることができることから、現在では多くの企業で利用されています。

社内の会議だけでなく、最近では商談をはじめとする顧客とのコミュニケーションに使用されるケースも増えています。
Web会議システムを導入したことにより商圏が拡大したという企業も多いのではないでしょうか。

Web会議では端末の画面を共有することができるため、説明資料を人数分用意する必要もありません。また、対面に比べ会議時間に対する意識が高まり不要なコミュニケーションが減ったなどという声もあります。

何かとメリットが多そうなWeb会議システムですが、過渡期ならではの課題も多く存在しています。

例えば、初めての打ち合わせをWeb会議システムで行うと、

  • 相手の役職や部署がわからない
  • 自分の情報が相手に十分伝わらない
  • アイスブレイクもなくいきなり本題に入るため会議の進行やコミュニケーションがぎこちない
  • 対面に比べ相手の表情や空気を汲み取るのが難しい

などといったことが起こります。
もちろん、上記はWeb会議における課題のほんの一部です。

また、リモートでの打ち合わせが主流となると、顧客によっては

「対面しての打ち合わせは一度もない」

などといったことも起こります。

当然のことながら、それを管理する側のコストは膨らむ一方です。
顧客へのアプローチにWeb会議システムを利用することが増えると、顧客との接点情報を細かく把握することがますます困難になります。

9月5日に新しくネクスタ・メイシに追加されたオンライン名刺交換機能は、こうした新しい働き方における課題を解決するための機能です。

Web会議でもコミュニケーションがスムーズに

対面して和やかに、これまでの「常識」がなくなりつつある

オンライン名刺交換機能を使えば、Web会議でもこれまでと変わらず名刺交換を行うことが可能です。
名刺交換に使用するプロフィールページにはフリーの入力エリアが設けられているため、相手に対するメッセージや自己紹介に活用することができます。
対面でただ名刺を交換するのに比べ、相手に自分自身をよりいっそう強く印象付けることも可能。
名刺を起点としたコミュニケーションが生まれWeb会議の進行もスムーズになります。

また、送られてきた名刺情報の取り込みはネクスタ・メイシのユーザー、非ユーザーに関わらず可能です。
名刺データはvCardとしてダウンロードできるため、仮に非ユーザーであっても、PCであればOutlookに、スマートフォンであれば連絡先などに簡単に取り込むことがでます。

Web会議だけではありません。異動などで引き継ぎが発生した際も、ネクスタ・メイシのオンライン名刺交換機能を使えばいち早く顧客にアプローチすることができます。

リモートワークでも接点情報が「見える化」します

テレワークをはじめとするリモートワーク環境下でのマネジメントにはまだまだ多くの課題があります。

特に、Web会議などオンラインでの打ち合わせは便利な反面、これまで以上に接点情報は不明瞭になりがちです。

ネクスタ・メイシを使えば、オンラインで交換した名刺データも全てクラウド上で共有されます。
仮に、Web会議での打ち合わせに上長が参加しなかったとしても、上長はクラウド上で接点情報を細かく把握することができます。

「withコロナ時代」の新しい働き方を促進し、その中で生まれる新たな課題を解消する、それがネクスタ・メイシのオンライン名刺交換機能です。

名刺交換は1対1から1対多数の時代へ

対面での名刺交換は「1対1」で行うのが基本ですが、非対面でのオンライン名刺交換は「1対多数」の交換が可能です。

例えば、参加したWebセミナーで参加者全員に自身の名刺情報を公開することができます。
オンライン名刺交換機能は人脈形成にも非常に有効です。

また、プロフィールページのデータ(氏名、会社名、役職)からWeb会議システム用のバーチャル背景画像が自動生成されます。
バーチャル背景にはプロフィールページのQRコードも挿入されるため、ダウンロードし背景設定すれば、Web会議の参加者は名刺データを簡単に取得することができます。

オンライン名刺交換機能が追加されても1ユーザーあたり月額600円

ネクスタ・メイシの魅力は何と言ってもコストパフォーマンスの高さにあります。

名刺管理アプリケーションとしての基本的な機能を揃えた上で競合他社の1/3から1/5の価格帯。
さらにテレワークやリモートワークなど新しい時代の働き方に欠かせないオンライン名刺交換機能も付いて、価格は1ユーザーあたり月額600円のままです。

新しい時代の働き方を手軽にはじめたい。そんな方にはネクスタ・メイシがおすすめです。

オンライン名刺交換機能が追加されました

ネクスタ・メイシにオンライン名刺交換機能が追加されました。
非対面でも誰でも簡単に名刺交換することができます。
ネクスタ・メイシは「withコロナ」時代の新しい働き方をサポートします。

カテゴリからコラムを探す

人気記事

新規感染者数っていつのデータ?</br>新型コロナウイルスについて今知っておきたいこと
新規感染者数っていつのデータ?
新型コロナウイルスについて今知っておきたいこと
トレンド 詳しく見る
ツールを使って管理すると名刺の価値が高まるって本当?
ツールを使って管理すると名刺の価値が高まるって本当? 業務効率化 詳しく見る
ビジネスマンはどうあるべきか?</br>TBSドラマ「半沢直樹」新シリーズの名言を読み解く
ビジネスマンはどうあるべきか?
TBSドラマ「半沢直樹」新シリーズの名言を読み解く
トレンド 詳しく見る
新規感染者数っていつのデータ?</br>新型コロナウイルスについて今知っておきたいこと
新規感染者数っていつのデータ?
新型コロナウイルスについて今知っておきたいこと
トレンド 詳しく見る
ツールを使って管理すると名刺の価値が高まるって本当?
ツールを使って管理すると名刺の価値が高まるって本当? 業務効率化 詳しく見る
ビジネスマンはどうあるべきか?</br>TBSドラマ「半沢直樹」新シリーズの名言を読み解く
ビジネスマンはどうあるべきか?
TBSドラマ「半沢直樹」新シリーズの名言を読み解く
トレンド 詳しく見る

おすすめ記事

新型コロナウイルスで人々の働き方と意識はどう変化したのか?</br>調査レポートをもとに分析。
新型コロナウイルスで人々の働き方と意識はどう変化したのか?
調査レポートをもとに分析。
業務効率化 詳しく見る
なぜ企業に名刺管理が必要なのか?</br>名刺管理の本質を考える
なぜ企業に名刺管理が必要なのか?
名刺管理の本質を考える
業務効率化 詳しく見る
ツールを使って管理すると名刺の価値が高まるって本当?
ツールを使って管理すると名刺の価値が高まるって本当? 業務効率化 詳しく見る
新型コロナウイルスで人々の働き方と意識はどう変化したのか?</br>調査レポートをもとに分析。
新型コロナウイルスで人々の働き方と意識はどう変化したのか?
調査レポートをもとに分析。
業務効率化 詳しく見る
なぜ企業に名刺管理が必要なのか?</br>名刺管理の本質を考える
なぜ企業に名刺管理が必要なのか?
名刺管理の本質を考える
業務効率化 詳しく見る
ツールを使って管理すると名刺の価値が高まるって本当?
ツールを使って管理すると名刺の価値が高まるって本当? 業務効率化 詳しく見る